前へ
次へ

iphone修理で多いといわれる内容

一般的にiphone修理に出す場合、どこが故障している率が高いのでしょうか。
主に知られているのはフロントパネル部分が故障してしまう割合が高いといわれており、実際に街を歩いていても日々の入ったディスプレイを見かけた人は少なくありません。
理由としては落とした衝撃で割れてしまうことが多く、もったいないからとそのまま利用しているよりも、目に負担がかからないように早めに治すという人が多くなっています。
基本的にフロントパネル部分だけで済めばいいといわれていますが、フロント部分の奥にある液晶部分までは存している場合、iphone修理費用が高くなってしまうのは事実です。
一般的にはケースをつけておくことや、保護フィルムをつけておくことでは損対策につながるといわれていますが、もち方やケースの種類によって、破損する割合が高いといわれているため、注意してください。
なるべく衝撃を緩和できるようなケースに入れて持ち歩くと、故障の可能性が下がるでしょう。

次にiphone修理で多いのは、水没修理だといわれています。
iphoneをうっかりトイレの中に落としてしまうということは少なくありません。
トイレだけではなく、入浴中に持っていって落としてしまうことや、プール、海などで動画や写真を撮影中に落としてしまうこともよくあります。
服の中に入れたままで洗濯をしてしまい、洗濯機から出てきたら作動しなくなったということも珍しくありません。
特に夏の水没事故が多く、水没する場所や故障した状況によっては、完全に回復するかどうかわからないため、早めにiphone修理業者に持ち込むことが必要といわれています。
iphone修理業者が正規店であれば、保証内修理で無料で代替機を貸してくれることが少なくありません。
非正規店の場合、状況によって早く直る可能性が高いですが、状況によっては買い換えなければならない可能性もあります。
水辺に行くときだけではなく、常日頃から定期的にバックアップを持っておくことが、iphone修理をスムーズに済ませるために重要なポイントといえるでしょう。

Page Top